Hatena::Groupsanjuan

プはPrefectureのプ(1.5) RSSフィード

おもに寝言を書いていました。ほぼ終了。もうすこしちゃんとしたものを、ときどき g:brettspiel にて書きます(暇なら)。

100126(Tue)

[] 雑念メモ  雑念メモ - プはPrefectureのプ(1.5) を含むブックマーク

忘れないうちにメモ。

  • すごろくやの「follwer数値引きキャンペーン」がちょっと話題。
  • 成功するか失敗するかには、あまり興味がない。
  • 失敗の例としては、「私が買えば28万円引きですか!!!」と、勝間和代さんが来店して、店内のゲームごっそり持って帰るとかいうのが考えられる
    • いや、ないから普通考えて(フォロワー数が多い=「ちゃんとしてる人」っていうプレッシャーがどんどんかかるだろ)
    • あるいは、もっと悪意のあるケースとかは?
    • あっ、このキャンペーンを打っても、悪意のユーザが現れなかった、ということで、「twitterは悪意が現れにくい」とかいうお気楽な記事を書く人が現れたら、それはそれで面白いけど。
  • 成功の例としては、まぁ広告効果とか?
    • でも正直、twitter有名人が「購入なう」とか書いても、「だろうね」としか思わないし、そこには何も新しいものがない。
    • ん10万follwerがいる人は、忙しいので、ゲームとかやらないし
    • よしんば、やったとしても(すでに、やってる人もいるけど)、いつもの調子でいつものブログに「楽しみました」とか書くだけじゃん。それ何か面白いの?
    • ふらふらっとゲームを買った人が、その後の日記で「なにこれ超おもしろいんですけど!」と、雷に打たれたようにゲームのことばっかり日記に書き出すとか、そういう展開になれば、それは、コンテンツとして面白いし、効果があったと思うんですよね。
    • だいたいさー、複数のショップが同じ事やったら、一瞬でタイムラインが「購入なう」で埋まるじゃない? そしたら目新しくもなんともなくなるじゃない?
    • そう考えると、広告効果って、そんな大したことなさそう……って思えてくる。特に、買った後をフォローしてないし。
  • かように、リスクや、企画の拙さを指摘することは、できますよ。
  • でもね、このキャンペーンは、「twitterなんか見てると、ボードゲームが流行してきてますね!」っていう表面的な楽観論に「それ、本当なん?」って突っ込んでるように思えるんですよねー
  • ギョーカイ的には「選んで買う」っていう行動をする人が、もっと、増えてほしいのに、現状、そういうふうはなってないのかな……って言ってるように思える。これについて、以下だらだら書く。
  • たとえば、ものがヒットする図式として「1Q84」みたいに、ブランドやコンテンツの力だのみで、すごい作品が広く一般に膾炙する、みたいなことがあれば、それはうれしいけど。
    • でも、ボドゲ世界が満を持して出すゲームってのが、せいぜい、「チケット・トゥ・ライド」とかなわけだし。いや、おもしろいと思いますが、究極のゲームかどうかは知らん。
    • 「ドミニオン」は、すごく売れてる。売れてるけど、そんだけですね、っていう感じする。
    • どっちにしても、それは、コンテンツの力で売れてるだけ。
  • コンテンツの力で売れるのがいけないのか? いけないとは思いませんが、それは単なるひとつの「流行」であって、パイが拡がったとか、ボドゲ一般が認知された、って考えちゃうのは、違うんじゃないかと。
  • だって、「1Q84」が売れたからって、それで素直に「読書家が増えた!」とか喜ばないじゃん
    • 1Q84みたいなヒット商品がパっと売れるだけで、読書家が増えるんなら、地元の明林堂潰れなくてすむし、熊本の紀伊國屋だって街中から撤退しなくてよかったんじゃん。
    • 一つのコンテンツがヒットしても、ギョーカイの売る力に結びつくとは限らない。それは、ドミニオンにも当て嵌まる。
    • 前もどっかに書いたけど、コンテンツの力でギョーカイがなんとかなるとか、なったはずとか、「メーカーにはがんばっていただきたかったですね」とか、そういうのは、夢見すぎでしょ。
  • そういうことを考えて、twitterでぐだぐだ書いていたら、ナイスなpostを発見。 http://delicissors.tumblr.com/post/352365242 さすがだ。
    • 元の記事の文脈では、ホビーに対して「それじゃ衰退するだけだよ」という論調ですが、私は「ドミニオンおもしろーい、と、そればっかやってる人にとっては、ボドゲは、ホビーにすらなってないっしょ」と思う。
    • 自分で悩んで選んで買う、っていうのがないわけですね。
    • 日頃の本屋を支えているのは「1Q84」を気まぐれに買う人じゃないんですよ。自分の意志で本を愛することを選んで、アホみたいな額のお金を、本代に突っ込んでしまう人たちなんですよ。
    • まぁ私は、「ボドゲ買う人が増える」ということを素直に喜ぶものではないけれど、とりあえず最初は、お試しで買ってみる、っていうのが、愛の現れだったりしたわけですよね。

b.

  • とか書いてたら、「突撃レポ」みたいのがあがってたもよう。
  • 言いたいことはまとめてどっかに書くかも(書かないかも)だけど、「突撃とか言って結局ワーバスかよフッ」というのが、ボドゲ的感想じゃないのかな。
  • お店にとっては「値段」が全てだけど、客にとっては、そうじゃないでしょ。そのゲームを買って、遊んでくれる相手を探して、ルールを読んで、説明して、面白がって……っていう道のりが待っている。
  • 買った値段が4000円か1500円か、っていうのは、正直、誤差なんですよ。それがタダで貰えるなら4000円のもの貰えばいいじゃない。
  • で、なぜそうしないかというと、一応理由としては「他のお客さんが突撃してきたりするし……」ということにはなってる
    • でも、裏の理由として「4000円のめんどくさいゲームを、ルール読んで相手探して、って、展開するのは難しい」っていうのが、あると思うんですよ。
    • 今回のキャンペーンは、そこを撃ってると思った。
    • タダやったら君たち4000円のゲームもらっていく? どうせ伊集院光が誉めてた「ごきぶりポーカー」とか「ワードバスケット」くらいしか選ばんのやろ、残念ねー、もっと面白いゲームはいーーっぱいあるのにねー……という。
  • ボドゲが定着してきたって言えるのは、4000円のめんどくさそうなゲームを、投機的に買う人が増えてから、じゃないのかね。
    • 投機的ってのがそんなに珍しいだろうか? 映画だって本だって、好きな人は投機的に金払ってる。

tbd.

100112(Tue)

[] 日曜日プレイログ  日曜日プレイログ - プはPrefectureのプ(1.5) を含むブックマーク

メインの日記に書くか悩むけど、とりあえずこっちに置いとく。

バトルライン

「Scout」は再序盤ではなく、中盤で使うものでした…惨敗。

マカオ

ダイスによるリソース供給システムが斬新。しかし、この仕組みををゲームにするために、えっらい苦労していろいろ盛り込んだなぁ…という感想も湧いた。

プレイヤーはめいめい、正7角形のパネルを持つ。パネルの各辺に、「↑」と「1」..「6」までの記号が描かれていて、いくつもダイスを振って出た目のうち、二つを選んで、その出目の数だけ、資源を対応辺に置く。

2と4のダイスを選んだら、2の辺と4の辺に、2個4個リソースが置けるわけだが、このリソースはすぐには使えず、使えるリソースは、ラウンドごとに7角形が時計回りに回転して、「↑」の示す場所にあるものが手に入る……という縛り。

「2」の辺のリソースは今から2ラウンド後に手に入り、「4」の辺のリソースは4ラウンド後に手に入る。

つまり、「すぐ使いたい資源は少ししか取れない」「リソースをたくさん取ると、それを使うのは先のことになるので不確定因子が増える」という、実に理にかなった仕組み。

しかし、めんどくてつらい……。面白いけど、今んとこ「どの要素もうまいこと回せた!」というプレイができそうに見えない。でも、アグリコラも最初はそう見えたから、これくらいがやりがいのある難易度なのかも。

モダンアート・カードゲーム

「モダンアート」から競りを無くしたらどうなるか?

→ 答え:「トレンディ」になる。

「そろそろライトメタル来るんじゃね?」的な。

やっぱり5人でプレイするのは「ままならない」感が出過ぎてつらいかも。1周手番が回るか回らないかのうちにラウンドが終わる。

ダヴィテとゴリアテ

切り札なし・マストフォローのトリックテイキング。まず一番負けた人が、そのトリックの勝ち札(たいてい数が大きい)を取り、その勝ち札を出していた人が、トリックの残りを取る。

で、3枚以上同色のカードを集めてしまうと、その色は1枚1点。2枚以内ならカードの額面が得点。わかりやすいルール。

トリックを取る立場だと、単純に低い数だけくればいんじゃね? ということだけど、トリックを取らせる立場だと、人にどの色どの数を取らせるか、という所を考えるので、思ったより面白い。

ituajqdituajqd2011/03/12 13:14ol63ry <a href="http://fhacqkibzwvn.com/">fhacqkibzwvn</a>, [url=http://nsebcdzouhwy.com/]nsebcdzouhwy[/url], [link=http://bemggnkkycww.com/]bemggnkkycww[/link], http://egeicgcxuudl.com/

091217(Thu)

[] 棲み分けの線引きではなく、共存のテクニックを磨くべきでは?  棲み分けの線引きではなく、共存のテクニックを磨くべきでは? - プはPrefectureのプ(1.5) を含むブックマーク


たとえば、ある人が「ゲーム買う人」というキャラで認知されてしまえば、以降その人は新作をでかい袋に入れてゲーム会会場に行くだけで「おやおや**氏ぃ、その袋の中身は今月のメビウス便ですかな?」とか構って貰えるわけですが(誇張です……)、そうじゃない人が、新作持って来たときにうまく遊んで貰えるかどうかというと、ちょっと疑問。

そのサークルに初めて遊びに来た人とかが「オレの持ち込みで遊んでくれよぉ」とかだと、微妙な雰囲気になりげじゃないですか。ってことは、人を見てるわけですよ、やっぱり。

つまり、新作を遊んで貰えるかどうかというのは、純粋に新作のもつ新奇性によってのみ決まるわけではない。人のキャラ・プレゼン能力・会話の流し方などにも依存する。

普通は周囲がその意向を汲んであげたりするから、あんまり表面化しないけど。

「新しいの買って遊ぶのが好き」は、単純に「もの」の新奇な魅力で趣味を成り立たせているように見える(おまけに買えば業界が潤うというメリットもついているから、シンプルな理論武装がしやすい……)けど、実際には、新奇性のほかにも、遊びを成立させているパラメータは、様々、あるわけです。

「またお前のカタンに付き合うのか」「またお前のメビウス便の謎ゲーやらされんのか」といった不満が起きないように、マッチングをうまくやりたいと、誰もが思っている。

でも、この問題は、「新作派/やりこみ派」という言葉でプレイスタイルを区別してみて済むほど単純ではない。棲み分けするのはさびしいし、仮に新作派同士が集まったとしても、それでその場がうまく成り立つかどうかは、よくわからないんだから。

新作を買うカネと遊べるサークルがあれば、初対面同士が自動的に楽しくやれるというわけではない。少なくとも、私は楽しめる気はしない。(下のエントリを参照のこと)

長く遊びを続けていくためには、「意図を伝える」「意図を拾う」というところに、少し意識的になったほうがいいのじゃないかと、私は思う。

自分が「こうしたいなぁ」と思っていることは、基本、相手には伝わっていないと前提するのがいいだろう。「こうしたい」なら、それを伝えるために工夫してみるべき。喋るの下手(私もそう)なら、道具を使う。会場のホワイトボードが使えるなら、ゲームを持って来た人が告知のためにそれを使っていいようにすればいいし、MLがないなら、MLを立ててみるといい。そういった、意図を掬い上げる配慮の積み重ねの上に、遊びの空間が成立している。

[] 「新しいゲームがあればそれでゲーマーは喜ぶ」の反例  「新しいゲームがあればそれでゲーマーは喜ぶ」の反例 - プはPrefectureのプ(1.5) を含むブックマーク

たとえば、田舎から東京に出かけることがあって、新作中心に回しているオープンなサークルがそこにあったとして、別におれ、積極的にそこに行こうとは、思わないんだよなー。みんな初対面で一期一会なんだったら「プレイヤーA」「プレイヤーB」とか名札つけて遊んで構わないわけだけど、それがそこまで楽しいとは思えない。

基本的に、誰かに会いに行くわけだし(「おまえがmutronixかこの***がッ」とか怒られに行くのも含めて)。

pihbnkgpihbnkg2011/03/12 03:35yq1qnw <a href="http://jekpiylxtzrk.com/">jekpiylxtzrk</a>, [url=http://qwomdydjczgn.com/]qwomdydjczgn[/url], [link=http://igzzbjuobobc.com/]igzzbjuobobc[/link], http://cmpvyyrhpfhi.com/