MechDARIUSのサンクトペテルブルグ日記

2005-06-12

[]オリジナリティと言えば…

 聞こえは良いですが、結果がでなければ ただの【暴走】ですか…


 BSWでもライブでも、しばらくプレイしていませんでしたが、知らず知らずのうちに『貴族嫌い』が助長されていたので、建物重視のプレイを目指しました。

 職人、貴族、建物、交換で、自らは建物スタート。職人オプションの導入で、一番手が自由に2枚の職人を取ります。

 続く 建物フェーズ では、天文台×2、酒場 の特殊建物が出現、他には8建物が3枚出ています。


 今から振り返ると、ここで「天文台を取った」のが大間違いでした。

 貴族カットの建物重視作戦なのですから、酒場が鉄板でした! 実際には、下家に流すくらいならと天文台職人を引いて生産力アップを狙いましたが、天文台で6金使う余裕があるわけないですね。


 建物フェーズでは3枚の特殊建物と8建物が引き取られ、貴族フェーズでは4枚出現しました。ここで、16貴族が1枚出現、もちろん貴族の番手が持っていきます。自分は貴族2番手だったので、場で一番安い7貴族を手に入れます。天文台で7職人を引いていたので、金を残しました。


 交換フェーズは、番手ラス。4枚めくれて、職人アップが3枚です。ここで、次の大失敗!

 毛皮職人を持ってないので「毛皮親方」取りませんでしたが、貴族軽視の作戦なのですから、勝利点の取れる職人は必須でした…


 次ターンの職人フェイズ。ここでのプレイが最悪… ターン早回しを狙って、下段に落ちている8建物2枚を「手に入れ」ました。前ターンに8建物を引き取ったプレイヤーが居たので、その人に8の処分を任せて、他の建物を削っていくべきでした。


 久し振りとは言え、まぁ、これだけ中途半端なプレイをすれば、結果は当然、惨敗でした… しかし、この敗戦でチョットだけ、貴族軽視のプレイの方向性が見えた気がするので、次回(があれば)試したいと思います。

 とは言え、番手の巡りとカードのめくり が大きく影響するので、どんな作戦を練っても『それが有効なシチュエーション』の時にしか作用しない気もします。


 それより、最近サンクトの場が立っていないような…