Hatena::Groupsanjuan

San Juan開拓史:DocSeriの手記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-12

After Catan After Catan - San Juan開拓史:DocSeriの手記 を含むブックマーク はてなブックマーク - After Catan - San Juan開拓史:DocSeriの手記 After Catan - San Juan開拓史:DocSeriの手記 のブックマークコメント

カタンは知名度の高さ、競技性、交渉などいくつかの点でボードゲームへの入口として優れている。が、残念なことにカタンから他のゲームへと発展し難いようで、多くのカタンユーザドイツゲーム系の人脈とは独立してカタン専門ユーザとして固定されているように見える。

そこで、カタンから乗り換える先を案内してみようかと思う。

陣取りゲーム

実はカタンシステムというのは独自性が強く、類似したシステムを探すのが難しい。ひとまずは本質である陣取りゲームとの関連からお薦めゲームを探してみよう。

カルカソンヌ
Carcassonne. Für 2 - 5 Spieler ab 10 Jahren

Carcassonne. Für 2 - 5 Spieler ab 10 Jahren

2001年の年間ゲーム大賞受賞作。

カルカソンヌとは中世に無数の城塞都市が乱立した地方の名で、このゲームタイルを繋げてカルカソンヌ地方を形作ってゆくものである

城壁、道、草原修道院などが描かれたタイルを並べて絵によって区切られたエリアを形成し(例えば道によって分断された草原、城壁によって断ち切られた道、城壁により区切られる城塞内部など)置いたタイルのいずれかのエリアコマを置いて支配権を主張する。あるエリアが完成した(すべての端が何かによって分断され、これ以上拡張しなくなった)時に、そこにあるコマ数の多いプレイヤーのみがエリアを形成するタイル数に応じた得点を得る。

まり、なるべく広く繋げるほど得点が高くなるのだが、その分完成が遅くなり、場合によってはゲーム終了時まで完成せずに終わることもある。完成した部分のコマは回収して使い回せるので、大作にチャレンジしてしまうと回収が遅れ他の部分でコマ不足に泣くことも。

エントデッカー

カタンと同じクラウス・トイバーの作。というか、これ実は元々カタンの一部だったもの

構想当初、「航海し発見した島を開拓する」という壮大で複雑だったゲームを分割し、島の開拓だけを取り出したものカタン、航海と発見の部分を取り出したものエントデッカーだった。

カルカソンヌとも近いタイル配置による陣取りゲームだが、2位以降にも半分づつ点数が入ってくるあたりが違う。

また航海には都度資金が必要で、なくなればダイス振って出目の分だけ貰うことができるのだが、この時自分以外はその枚数+1枚を得るというのがポイント。つまり資金繰りを考えて、自分の手番でダイスを振らずに済むようにした方が得ということだ。

Amazonにも楽天にもなかったのでセブンネットリンクしておく。

乗車券/チケット・トゥ・ライド
チケット・トゥ・ライドアメリカ 日本語版

チケット・トゥ・ライドアメリカ 日本語版

2004年の年間ゲーム大賞、アメリカ中に鉄道網を引いてゆくゲームカードを集めて道を引くあたりだけカタンに似ていると言えなくもない。

公開されたカードから好きな色を集めてきて、線路の長さに応じた枚数を捨てることで線路を引く。非公開の目的カードの始点と終点を結ぶと得点になるが、達成できなければ失点になる。

他人の動きも睨みつつ、いかに多くの目的地をクリアできるかが鍵。

ティカル

1999年の年間ゲーム大賞、南米ティカル遺跡の発掘ゲーム

最初は密林に覆われているボード上にタイルを置いて道を開きつつ、宝物や神殿を発掘して点数を稼ぐ。

タイルにはそれぞれ移動コストがあり、なるべく自分コマからは近く、他人のコマからは遠回りになるように工夫しながら置きたい。

途中に火山タイルが出たら決算。それまでは他人と協力しながら発掘した方が効率良いけど、決算の時だけは人数かき集めて利益を独占したい。協力と競争バランスが優れた名作。

交渉ゲーム

カタンのもう一つの特徴である交渉。ドイツゲームに交渉を含むものは数あるけれど、(カタンも含めて)交渉条件がアバウトなものも多く、上達が難しい。

ここでは交渉が判り易いものを中心に。

バザリ

宝石商人レース/売買ゲーム市場を巡りつつ宝石ポイントを集める。

一斉に移動し、止まったマスに書いてあるポイント宝石の入手、または追加移動の権利を申請。誰かとバッティングしたら手持ちの宝石で行動権買取りの交渉を行なう

誰かが1周したら得点計算。1周終えた人は10点、それぞれの宝石が最多だった人は種類により8〜14点。

行動権交渉が、「行動を得た時の利点」と「売って宝石を得た時の利点」を判断し易いため互いの価値判断の読みが深まる。また行動権申請時に他人の心理を読んでバッティングを避ける、あるいはわざとバッティングさせて交渉に持ち込むなど心理戦的側面もある。

ゲシェンク

交渉に分類するのは些か正しくないのだが、テイストは近い。

3〜35のカードを「取らないようにする」ゲーム。場にカードがなければ山からめくって、そうでなければ回ってきたカードを、取って失点にするか1点のコインを払って次の人に回すかを選ぶ。当然いつかはコインが尽きて取らねばならなくなるのだが、その頃にはみんなの払った得点コインが貯まっているので取っても失点が少なくなるし(コインはカードを引き取った人のものになる)、その後の拒否権も増える。

取ったカード数字はそのまま失点になるが、連続する数字場合は最小のものけが失点と見做される。例えば10/11/12と持っていたら-10点だけで済むが、10/12だったら-22点になってしまうということだ。